インジケーターでとても多く使われているのが

「ボリンジャーバンド」

 

見やすさは本当にピカイチですね。

ちなみに、ボリンジャーバンドとはこのようなグラフです

ボリンジャーバンドのグラフ

 

ボリンジャーバンドは、移動平均線を中心に上下にバンド上の線を描くチャートですね。

 

上下に+マイナス1α、2α を示し

一般的なボリンジャーバンドの見方としては

下のマイナス2αで買い

上のマイナス2αで売り

 

・・・というような見方をするのが一般的だと思います。

 

しかし、相場というものは常に変動します。

 

場合によっては、このような読み方だけでは

勝ち続けることが出来ない場合があります。

 

最もボリンジャーバンドというものは

買いエントリーが非常に明確ですが

売りエントリーがなかなか決まらない場合があります。

 

実は、ボリンジャーバンド単体使用ですと

トントンいう検証結果も出ております。

 

勝率の高いボリンジャーバンドの使い方とは?

 

ここで少し思い出して頂きたいのですが

テクニカルチャートは

複数組み合わせることでより、精度がアップします。

 

あるインジケーターと組み合わせて使うことで

ボリンジャーバンドは十分活用出来るインジケーターとなります。

 

では、ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせて

どのようにトレードしていくのか?

 

この方法は

ちょっとしたボリンジャーバンドの攻略みたいなもの。

 

勝率アップする秘密とは?

 

>>その答えはここにあります!