FXにおいて損切り(ストップロス)は、非常に重要です。

 

FXの基本的な取引の流れは

「買って」⇒「保有して」⇒「売って」

この3つで完結。

 

要は、安く勝って高く売るというのが鉄則ですが

特に、運用資金の管理は大切です。

 

リスクを上手にコントロールしながら

損失を最小限に抑えていくのも勝率アップのコツです。

 

ストップ注文とは?

 

下落に備えて予め売り注文を出しておくこと

こうすることで、リスクを最小限に置かせることが出来ます。

 

まぁ、言ってみれば「保険」みたいなものですね^^;

 

【注文の仕方】

1 取引画面から「決済注文」をクリック

決済注文図

 

2 決済対象の通貨を選択

決済選択図

 

3 注文数の入力

決済したい数量を選択します。複数決済したい場合は全てに記入。

ガイダンスに従いながら次の画面に進む。

注文数入力図

 

4 決済注文入力画面が表示されます。

注文入力

執行条件・・・ストップ

差し値段・・・損切り価格

有効期限・・・無期限(少し長めに設定)

 

 

これで注文は完了です!

注文完了図

 

これで、仮に下落が起きても、損を最小限に抑えることが可能

 

例えば80.77円で買いでエントリーしたとしたら

損切りラインを、買った価格よりも少し低めに設定しておきます。

 

この場合は、80.70まで下がれば、注文が発動され

これ以上の損を食い止めることが出来るのです^^

 

全ての保有通貨に”ストップ注文”を出しておくと

損失を最小限に食い止められるので是非マスターして下さいね♪

 

ストップ注文を上手く使うことも

上手に資産を増やしていくコツです(*^o^*)